--/--/--  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/09/30  23:54

ゆっくり東北旅・3日目 1/2

こんばんは、珍走です。

更新がただでさえ遅くなっているのに、1/2と来てしまいました( ̄▽ ̄;) 書くことがまとまらないなんて思って遅くなるくらいなら小出しで書けばいいんですよね。

泊まった酒田の宿で朝食を頂いて


ごちそうさまでした。


っと、デザートもありましたか(^_^)


毎日雨の予報に反して、割といい天気で鳥海山ブルーラインを通り


八郎潟が見える寒風山国定公園に着きました。


ここはとても見晴らしが良くて


パラグライダーが飛んでました。あれできる人ってホントすごいですねー。


比内地鶏の親子丼をいただきました。


その後男鹿半島を進み、なまはげ館・男鹿真山伝承館に行きました。「真山」は男鹿の一地区を指しています。


なまはげ、私は出刃包丁とワラをまとった赤鬼が「悪い子はいねぇーがぁー!!」と乱入してくるイメージでしたが、青鬼もいたり、そもそも地区によって姿形が様々だそうです。鬼と言うと悪いイメージがありますが、男鹿では神の一種と考えられている様ですね。



囲炉裏にずっと当たって「なもみ」という低温やけどを起こすことを怠け者の例えとして、なもみを剥ぐ「なもみ剥ぎ」が転じて「なまはげ」になったそうです。ですから、怠け者を懲らしめ、頑張る者に豊作などの形で祝福を与える神のような存在の様です。

ちょうど私が訪ねた時、なまはげの実演があり、先ほどのお話を聞きました。では、なまはげの乱入シーンをどうぞ!


小さい子は本気で信じて怖がってましたねぇ。ちょっと悪いと思いながらも、すごく楽しませていただきました(^_^)

なまはげは毎年一度、各家を回って様々な問答をする様ですが、一言で言うと怠け者はいないかという内容です。家主は今年の実績を説明するのですが


このなまはげ台帳なるものは閻魔帳の様なもので、様々な真実が書かれているので、矛盾を指摘された時の家主となまはげのやり取りが楽しかったです。


最後に神の力が宿るという、なまはげが落としたワラをもらって伝承館をあとにしました。

なまはげ、人によって受ける印象が色々あると思います。秋田に行ったら絶対見た方がいいですよー(^_^)

では。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。